肩甲骨を中心とした肩こり

肩甲骨を中心とした肩こり

肩こりには、重心のバランスによる血流の悪化に加えて、筋肉が硬くなる柔軟性の低下が原因にあります。

また、肩甲骨は複雑な構造で、小さな筋肉が張り巡らされている事もあり、特に肩こりが悪化しやすい部分といえます。

肩甲骨から始まる肩こりは、日常動作が少なくなる事が悪化理由の一つで、意識的に動かせば筋肉を柔らかく柔軟に保つ事が出来ます。

肩甲骨を回したり、開く動作を繰り返す事によって、こり固まった肩回りは元の状態に戻す事が可能です。

関連記事

  1. あなたの肩こりはどのようなタイプですか?

  2. IT・デスクワークのなりやすい症状は?